海外でも使えるプリペイドカードの魅力|持ち歩きやすいカードを使う

融資を受ける時のコツ

家の模型を持つ夫婦

金融機関から融資を受ける時には、担保が必要な場合と担保が不要な場合がある。担保が不要な場合は気軽にお金が借りられるが、金利が高くので注意が必要である。不動産担保ローンは、無担保の融資よりも金利が低いので、返済がとても楽になる。無担保の融資は融資金額に限度があるので注意を要する。ほとんどの場合、上限は500万円程度であるので、無担保だと高額資金の融資は難しい。不動産担保ローンは不動産の価値に応じて融資金額が決定され、1億円を超える融資も可能になる。無担保の融資は審査時間が短く、即日で融資が受けられる場合がある。不動産担保ローンは無担保の融資よりも審査に時間がかかる。不動産担保ローンを利用する際には、早めに申し出ることが必要である。

急いでお金を借りたい時には、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンが適している。ほとんどのキャッシングやカードローンは即日融資が可能で、申し込んだその日のうちにお金が借りられる。高額なお金を借りたい時には、不動産担保ローンが適している。不動産担保ローンだと、手持ちの不動産の評価額に応じて融資が受けられる。評価額が5000万円の不動産の場合、4000万円程度の資金が借りられる。金融機関から融資を受ける際には、毎月の返済についても十分に考慮する。毎月の返済を楽にするためには、金利を少しでも低く抑えることが必要である。不動産担保ローンは無担保のローンよりも低金利であるため、毎月の返済が楽になる。